【第三回 多モール店舗運営をしてみよう】ネットショップの効率的な運営を目指す人

【第三回 多モール店舗運営をしてみよう】ネットショップの効率的な運営を目指す人

こんにちは。
ネットショップの効率的な運営を目指す人です。

第三回は多モール店舗運営について考えてみます。

ネットショップの売上を上げる方法には、
複数のモールにお店を展開するというやり方があります。

楽天市場やYahoo!ショッピング、Amazon、DeNAショッピングなど多くのショッピングモールがありますが、
それぞれでユーザー層が異なっているので、複数のモールにお店を出すことでより多くのお客様にアプローチすることができます。

つまり、販売窓口を広げるということです。

それでは各モールの特徴を見てみましょう。

モールの特徴

■楽天市場
日本最大規模の流通額
高い集客力
Rポイントユーザーが多い
性別・年齢層に関係なく多い
固定費・手数料等のコストが高め

■Yahoo!ショッピング
固定費・手数料(決済手数料一部有り)等が無料
Yahoo!JAPANの検索ユーザーが多い
Tポイントユーザーが多い
外部リンクOK
顧客リストの2次利用OK

■Amazon
男性ユーザーが多い
型番商品が多い
売上手数料が高め
固定費は安め
出荷スピードが売り
商品ページの作り込みはできない

■DeNAショッピング
モバイルユーザーが圧倒的に多い
若年層のユーザーが多い
auショッピングに同時出店ができる
モバゲーでの露出が可能

楽天市場 Yahoo!ショッピング Amazon DeNAショッピング
出店数 約40,000店舗 約240,000店舗  約170,000店舗 約4,000店舗
商品数 約1億9,000万点 約1億4,000万点
初期費用 60,000円 無料 無料 60,000円
月額利用料 19,500~100,000円 無料 4,900円 16,500~29,800円
売上手数料 2.5~7% 無料 8~45% 6%

出店先の選択

扱う商材によって、マッチングするユーザーが多いモールに出店するというのが良いと思いますが、まずはコストが最小のモールに出店して販売方法を研究するという選択肢もありだと思います。

また、モール毎に切り口を変えて販売することもできるので、例えばコストの低いモールで既存の店舗より安価に販売したり、アウトレットショップや別ブランドショップにしてみるなど、様々な方法を試すことができます。

多くのネットショップが既に多モール店舗の運営を実施している昨今、それぞれのモールの特徴を抑え、販売戦略を立てたうえで出店先を選択することが大切だと思います。

次回は多モール店舗運営のデメリットと改善方法についてです。

Pocket

関連記事

EC構築・運用運営300店舗以上支援中


株式会社ワンプルーフ

http://www.one-proof.co.jp/
ECショップ・ECサイト構築、制作実績は300社以上。ECサイト構築、運営におけるご相談はお気軽にご連絡下さい。

カテゴリー

おすすめ記事

  1. 株式会社キャッチボールが提供する後払い決済代行『後払い.com』は、顧客に請求する売上金額を債権ごと…
  2. 本格的なネットショップ運営のためのカートシステム 企業サービス概要 本格的なネットショップが運営…

最近更新された記事

  1. TKP大手町カンファレンスセンターにてeコマースセミナー海外販路開拓編が開催される。 会期:201…
  2. 海外EC進出支援ワンストップサービス 企業サービス概要 海外向けのEC進出支援サービスで…
  3. 楽天市場RMSを強力にサポートする行動分析ツール 企業サービス概要 行動分析によってショ…
  4. 2015/3/11

    tabモール
    欲しい商品を店舗に取り寄せて試してから購入できるサービス 企業サービス概要 店舗では取り…
  5. 2014/9/2

    Spring days
    Spring days -セプリングデイズ- http://springdays-store.net…

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

今月の人気ページ

  1. ZenClerk

    ECサイト向けターゲティング販促サービス 企業サービス概要 クーポン発行によって、買おう…
  2. 後払い.com

    ネットショップ向け後払いサービス 企業サービス概要 店舗の変わりに株式会社キャッチボールで商…
  3. 頑張れ店長|受注処理システム

    カスタマイズ性の高い受注処理システム 『頑張れ店長』は導入実績1000社以上ある受注処理システムで…
  4. aishipR|ASPショッピングカート

    レスポンシブECサイト構築運用ASPサービス 企業サービス概要 レスポンシブECサイト構…
  5. 侍カート|定期購入専門ASPショッピングカート

    定期購入専門カート『侍カート』は、無料から利用でき、シンプルで操作性に優れたASPカートです。 …

検索ワードランキング

ページ上部へ戻る